短期大学部概要

理念・目的

日本大学の目的及び使命

目的

本大学は,日本精神にもとづき,道統をたつとび,憲章にしたがい,自主創造の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉とに寄与することを目的とする。

使命

本大学は,広く知識を世界にもとめて,深遠な学術を研究し,心身ともに健全な文化人を育成することを使命とする。


短期大学部の目的及び使命

本短期大学部は,日本大学建学の精神にのっとり,一般教養との密接な関連の基に,科学的で実際的な専門教育を施し,善良な社会人を育成することを,目的及び使命とする。


日本大学の教育の理念と目的

『自主創造』

※「自主創造」の定義するところは,「主体的でクリエイティブな人材(自分の頭で考え判断できる積極的な人材)」の育成です。


短期大学部(船橋校舎)の目指すべき人材像

短期大学部(船橋校舎)3学科は,日本大学の教育の理念と目的に基づき,

『自ら学び,考え,想像する積極的な姿勢・習慣を備えた人材』

の育成を目指します。


短期大学部(船橋校舎)の「教育の理念」

短期大学部(船橋校舎)の「教育の理念」を

『主体的学び・深思・考究・実践躬行・協働』

とします。


学科の教育研究上の目的

建築・生活デザイン学科

都市から建築・インテリアまで,日常生活の舞台となる地球・地域環境や生活環境について,工学的観点・デザイン的側面・社会的視点など幅広い見地から関心を育み,建築・生活デザインに関する知識及び技術を授け,問題意識を培うことにより,快適で安全な建築・住空間と都市の創造に取り組む設計者・技術者など,持続的発展可能な社会の構築に対し,自ら学び,考え,想像する姿勢・習慣を備えた人材を養成する。

ものづくり・サイエンス総合学科

知識基盤社会における多様な学習機会並びに基礎づくりの場を提供するとともに,高等教育のファーストステージとしての機能を積極的に果たし,社会の一員としての自律性,倫理性,公共性を育み,知的活動及び社会生活に必要な基礎的・汎用的能力を培い,幅広い教養と機械工学分野,電気電子工学分野,情報科学分野,物理学分野,数学分野及び総合科学分野のうち一分野に関する専門的知識・技能を有し,社会の様々な分野において括約し得る,自ら学び,考え,物事に取り組む姿勢・習慣を備えた説教的な人材を養成する。


生命・物質化学科

生命を構成している物質や生命活動にかかわる反応を理解するための基本的な知識とともに,無機・有機物質や化学プロセスに関する実践的で有用な知識を身に付けるための学習機会を提供し,バイオテクノロジー及び新素材の開発や自然と共生可能な持続的社会を構築するための地球環境保全など、健康で豊かな生活を実現するための社会からの要請に対して,化学技術者として積極的に応えられる人材を養成する。