• TOP
  • ここがポイント

ここがポイント

学ぶ本人の関心に応じた主専攻分野選択制

 1年生前学期で各専攻分野に共通する基礎的科目を学んだ後に、1年生後学期から自分の関心に応じた専門分野である主専攻分野の選択ができます。学びたい専門分野が決まっていない人や、複数の専門分野を幅広く学びたい人に最適です。

授業風景

授業選択の自由度を最大限に高めるユニット制カリキュラム

 入学してから何となく単位を修得しても、卒業時点でどのような力が身につくかは不明です。自分の目標や興味に応じて、同じ系統の複数の科目をひとまとまりにした「ユニット」を選択することで、深く学ぶことも幅広く学ぶことも可能となります。



グループ担任制

 10名程度の少人数グループごとに担任教員をおき、入学直後から学生生活、学習方法、科目選択などについて、いつでも相談できる体制となっています。就職や編入学など、進路についても学生の自主性を尊重しながらきめ細かく指導していきます。

学生

2年間を通じてゼミナールを開設

 卒業までの2年間、どの学期にも少人数教育・対話主体となるゼミナール形式の授業があります。コミュニケーション能力、論理的に考える力、プレゼンテーション技法など、実践的な技能をはぐくむとともに、専門知識の習得や卒業後の希望進路の実現をサポートします。

他学科の授業も履修可能

 ジャンルにとらわれないワイドレンジの視野を抱くあなたの場合、入学した学科の枠を超えて、(6単位まで)他学科の授業を自由に履修することができます。受講科目の制限はありますが、理工学部関連学科の授業を受けることもできます。

基礎学力向上のためのサポートシステム

 高校時代に理数系科目を履修していない、あるいは不得意だったあなたでも、専門分野へ円滑に移行できるよう、補充教育科目を開設しています。また、一人ひとりのスタイルに合った学習を支援するパワーアップセンターも開設しており、基礎学力の向上をサポートします。

学生

キャリア形成支援の充実

 自立した社会人として活躍するために必要な知識と技能を育てるための授業科目を開設しています。さまざまな資格取得の支援もあります。オール日大のネットワークを生かした就職支援や、日本大学理工学部併設ならではの進学支援により、一人ひとりの夢の実現をサポートします。

学生

言語教育の充実

 教養教育では、就職活動や卒業後の就業を支える日本語と、異文化コミュニケーションツールとしての英語・中国語の教育の充実を図っています。これらの充実した言語教育は、実社会に役立つ日本語検定やTOEICテストなど各種検定試験にも対応しています。

さまざまなバリエーションの進路

 2年間で学んだことを生かした就職、取得した資格を生かした就職、さらにはより専門的なことを学ぶための四年制大学への編入学など、さまざまな進路があります。編入学先は併設する日本大学理工学部や、日本大学の他学部、日本大学以外の国公私立大学などです。