News & Topics

  • TOP
  • News & Topics

News & Topics

News & Topics一覧へ

視覚障害者支援の研究で活躍する本学教員をご紹介します!

2016年09月30日

「理数系分野における視覚障害者支援の研究」において活躍されている、本学教員二名の活動についてご紹介します。

■一般教育 山口雄仁 教授が、毎日新聞社の取材を受けました。

山口教授は、数式や図など、実際に目で見なければ得られない理数系の情報をバリアフリー化し、視覚障害者がこれを利用できる環境づくりについて研究されており、日本学術振興会科学研究費基盤研究(A)(研究課題名:理数系をはじめとするデジタル教科書をバリアフリー化するシステムの研究、研究期間 (年度):2013-04-01~2018-03-31、研究機関:日本大学短期大学部、研究代表者:山口雄仁教授)に採択されるなど、優れた成果をあげておられます。
→詳しくは「この人に注目!第4回 山口雄仁教授」をご覧ください!

取材では、自らも視覚障害をもつ山口教授の普段の教育・研究活動について、インタビューが行われました。また、この取材の模様について、9月14日(水)毎日新聞朝刊(15面・くらしナビ)に掲載されました。
→掲載記事へのリンクはこちら(※外部サイトにリンクします)

■生命・物質化学科 上條治夫 准教授の論文が、日本化学会の雑誌「化学と教育」に掲載されました。

上條准教授は、視覚障害の自らの経験をもとに、視覚障害者にとって特にアクセスしにくい画像情報の一つである「化学構造式」について、構造式の描画や、画像から化合物名等を一括して読み上げるシステムについて研究されています。
このたび、日本化学会から依頼を受けて上條准教授が寄稿した論文、「視覚障害者による化学構造式認識法の検討」が、雑誌「化学と教育」第64巻第6号(2016年)に掲載されました。
→掲載記事へのリンクはこちら