News & Topics

  • TOP
  • News & Topics

News & Topics

News & Topics一覧へ

災害時における施設利用に関する2つの協定を船橋市と締結しました。

2012年12月27日

日本大学理工学部は,12月21日に「災害時における緊急消防援助隊活動拠点等の施設利用に関する協定」「災害時における避難所等の施設利用に関する協定」の2つの協定を船橋市と締結しました。
協定書調印式は,船橋キャンパスにて,船橋市の藤代孝七市長と滝戸学部長ら出席のもと執り行われ,当日は,「東京湾北部地震発生・震度5強を観測・建物倒壊等により教職員が取り残されている」という訓練想定のもと,大規模な消防訓練も行われました。
訓練は,倒壊建物の屋上から要救助者をはしご車及び消防防災ヘリコプター愛称「おおとり」による救助活動や,傷病者の緊急度や重症度に応じて適切な処置や搬送を行うために傷病者の治療優先順位を決定するトリアージ訓練等を,船橋市消防局,千葉市消防局警防部航空課,千葉県警察船橋東警察署,船橋市立医療センター,船橋市消防団の協力を得て行いました。
船橋キャンパスは,現在まで広域避難場所として運用されてきていますが,この2つの協定締結により,船橋市及び千葉県外からの緊急消防援助隊及びヘリコプター臨時離発着場所となり,市民の救出・救助・消火活動の拠点になります。また,近隣の救助に速やかに当たることが可能になり,船橋市東地区の消防機能の強化が図られることとなります。
船橋キャンパスは,敷地総面積東京ドーム約6個分の広大な土地を生かして,今後もさらに地域貢献を果たしていけるよう取り組んでまいります。