学科・教養教育

建築・生活デザイン学科

建設学科ホームページ

技術と芸術が融合した空間・環境をめざす

 建築・インテリアから都市・ランドスケープまで、技術と芸術が融合した生活空間づくり・環境づくりを学びます。「建築デザイン」「建築エンジニアリング」「生活デザイン」の3つの専門分野を中心に、将来の進路や興味に応じた幅広い学びの選択が可能です。少人数で行われるゼミナールや体験型授業を通して、確かで実践的なデザイン力が培われていきます。

授業風景

建築・生活デザイン学科の専門分野

建築デザイン

 人間生活の舞台となる建築・都市環境の姿を実際に目に見えるものとする造形・意匠という観点から学修に取り組み、空間のクオリティーの向上と新たな可能性を探求していきます。

建築エンジニアリング

 超高層ビル、制震・免震建物、高断熱・省エネ住宅など、安全で快適な建物を実現するための構造および環境の技術の基礎が学べます。
 数学や理科を土台とした専門科目群から構成されています。

生活デザイン

 家具・什器・インテリアなど、暮らしを彩る身近な生活環境のクオリティーを、技術や実用性に芸術性を加えることで高め、より居心地の良い魅力的な場所とする方法を発見していきます。

授業風景

教育目標

都市から建築・インテリアまで,幅広い生活環境について,工学的・デザイン的・社会的観点など広い見地から捉えながら,「建築デザイン」,「建築エンジニアリング」,「生活デザイン」の3専門分野を骨格としつつ,相互の関連についても教授していくことで,快適で安全な建築・住空間及び都市の構築と創造に寄与する人材の養成を目標とする。

  • 建築・生活デザインに関する幅広い専門知識及び技術を適切に活用できる能力を養成する。
  • 豊かな教養及び建築・生活デザインに対する広範な視野に基づいたコミュニケーション能力を養成する。
  • 社会に貢献する設計者・技術者としての高い倫理観及び優れた問題意識に基づいた問題解決能力を養成する。
  • 社会状況の変化に応じて様々に展開される新しい局面に対応し得る,自ら学び,考え,創造する姿勢を養成する。
授業風景
授業風景

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本大学短期大学部建築・生活デザイン学科は,2年以上在学し,短期大学部学則に定める所定の授業科目を履修して,所定の単位を修得し,以下に定める要件を満たした者に卒業を認定し,短期大学士(工学)の学位を授与する。

  • 建築・生活デザインに関する幅広い専門知識及び技術を適切に活用できる能力を身に付けている。
  • 豊かな教養と建築・生活デザインに対する広範な視野に基づいたコミュニケーション能力を身に付けている。
  • 社会に貢献する設計者・技術者としての高い倫理観及び優れた問題意識に基づいた問題解決能力を身に付けている。
  • 社会状況の変化に応じて様々に展開される新しい局面に対応し得る,自ら学び,考え,創造する姿勢を身に付けている。
授業風景
授業風景

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

建築・生活デザイン学科の「教育研究上の目的」及び「教育目標」を達成するため,「建築デザイン(4ユニット12科目)」,「建築エンジニアリング(5ユニット20科目)」,「生活デザイン(3ユニット11科目)」の3専門分野を設置している。各専門分野に開設された47の専門教育科目は,12のユニット群及び共通プログラム(4科目)にまとめられている。

  • 1年前学期では,建築・生活デザインに関する基礎知識を修得させるとともに,自らの興味の観点と学びの進路を動機付けるために,学科共通プログラムとして包括的な専門教育科目を開設する。
  • 1年後学期からは,上記3専門分野から学びの中心となる主専攻分野を選択し,就職や進学,資格取得の希望などそれぞれの目標や志望に合わせて,主専攻分野の専門教育科目を中心に主体的な履修科目の選択が可能となっている。
  • 専門教育科目「キャリア・職業教育部門」を開設することにより,将来の職業選択についてのヒントを与えるとともに,資格取得へのサポートを行う。
  • 必修科目として,2年間を通じてゼミナール形式の授業科目を開設することにより,専門的知識の修得とともに,自ら考え,コミュニケーションを図る能力を養成する。
授業風景
授業風景

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 建築・生活デザイン学科は、建築・都市から住空間・インテリアまで、人間生活の舞台となる環境について、工学的観点・芸術的側面・社会的視点など幅広い見地から関心と問題意識を抱き、豊かで快適な生活空間の創造に取り組む意欲のある、次のいずれかに該当する者を受け入れます。

  • 建築・まちづくりについての知識とデザイン能力を身に付けたい者
  • 建物の安全性や快適性を実現する知識と技術を身に付けたい者
  • 暮らしの舞台となる生活環境のデザインについて、知識と表現力を身に付けたい者

進路傾向

  • 建設会社(設計・施工管理)
  • 設計事務所(設計・積算)
  • 住宅メーカー(設計・施工管理)
  • 設備(設計・施工管理)
  • 建材(管理・製造)
  • インテリア・内装(設計・施工管理)
  • インテリア専門店
  • 不動産(管理・コンサルタント)
  • 福祉系(福祉住環境コーディネーター・コンサルタント)
  • コンピューター関連(SE)
  • 公務員(建築職ほか)
集合写真