学科・教養教育

建築・生活デザイン学科

建設学科ホームページ

技術と芸術が融合した空間・環境をめざす

 建築・インテリアから都市・ランドスケープまで、技術と芸術が融合した生活空間づくり・環境づくりを学びます。「建築デザイン」「建築エンジニアリング」「生活デザイン」の3つの専門分野を中心に、将来の進路や興味に応じた幅広い学びの選択が可能です。少人数で行われるゼミナールや体験型授業を通して、確かで実践的なデザイン力が培われていきます。

授業風景

建築・生活デザイン学科の専門分野

建築デザイン

 人間生活の舞台となる建築・都市環境の姿を実際に目に見えるものとする造形・意匠という観点から学修に取り組み、空間のクオリティーの向上と新たな可能性を探求していきます。

建築エンジニアリング

 超高層ビル、制震・免震建物、高断熱・省エネ住宅など、安全で快適な建物を実現するための構造および環境の技術の基礎が学べます。
 数学や理科を土台とした専門科目群から構成されています。

生活デザイン

 家具・什器・インテリアなど、暮らしを彩る身近な生活環境のクオリティーを、技術や実用性に芸術性を加えることで高め、より居心地の良い魅力的な場所とする方法を発見していきます。

授業風景

進路傾向

  • 建設会社(設計・施工管理)
  • 設計事務所(設計・積算)
  • 住宅メーカー(設計・施工管理)
  • 設備(設計・施工管理)
  • 建材(管理・製造)
  • インテリア・内装(設計・施工管理)
  • インテリア専門店
  • 不動産(管理・コンサルタント)
  • 福祉系(福祉住環境コーディネーター・コンサルタント)
  • コンピューター関連(SE)
  • 公務員(建築職ほか)
集合写真